佐賀県の紅葉は海の中?

↓ランキングに参加中クリックお願い致します↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧

佐賀県は、言わずと知れた有明海苔の産地です。

海苔は、干潟で養殖されています。

その干潟に[東与賀海岸シチメンソウ群生地]があります。

我が家の、すぐぞばなんですね。

シチメンソウとは、高さ20センチから40センチくらいのアカザ科の一年草で

満潮時には潮をかぶり、干潮時には干潟になる環境で生育する貴重な塩生生物です。

東与賀干潟は、希少な野鳥が数多く飛来してきます。

日本1のシギ、チドリ類の飛来地で、それ以外にも100種以上の、野鳥を見る事ができます。

クロツラヘラサギ、ズグロカモメ、ツクシガモなど、絶滅危惧種も飛来しています。

その干潟の、シチメンソウが紅葉真っ只中と言うので見に来ました。

展望台の下に、ちょったした干潟の生き物を知る事が出来るブースがあります。

これが、絶滅危惧種のクロツラヘラサギ

拡大されたムツゴロウ

海のエーリアン、ワラスボに襲われる私

これがシチメンソウの模型です。

ムツゴロウが料理されてた😅なんか悲しい

リアルムツゴロウも、いましたよ。

展望台にも、登って来ました。

これがシチメンソウ群です。

もう終わりかけなのかな?

あまり赤々していなかったです。

でもラッキーな事に、クロツラヘラサギに出会えました。

クロツラヘラサギは、今3,000羽ほどしか居ないそうです。

そして東与賀干潟には、50羽ほど飛来してくるそうです。

みなさんも、貴重なクロツラヘラサギ見に来てはいかがですか?

↓ランキングに参加中クリックお願い致します↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中